ドラッグストアの今後

今や多くのドラッグストアがオンラインサイトを立ち上げ、昔よりも薬が身近に感じられる機会が多くなってきたように感じます。そのような中で、人と人とのコミュニケーションが失われていき、薬の説明や注意点などを具体的に読まずに服用してしまうという事態が生じているようです。

本来であれば、薬剤師がひとつひとつの薬品に対して、説明をした上で販売を行うわけですが、現代においては、このような説明を聞かないまま薬を服用してしまった結果、重篤な事態を招いてしまった、というケースもあり、注意が必要だと言えるのではないでしょうか。

将来はインターネット技術の発展が進んでいくでしょうし、より一層オンラインに適用した企業形態が求められていると言えます。現在のような調剤薬局やドラッグストアが、無数に増えていくような状況は、徐々になだらかになっていくのではないか、と考えています。また、このような発展途上の段階においては、どのようにしてオンラインでカスタマーに安心して薬を買ってもらうのか、薬剤師も一緒になって議論、検討していくべきではないでしょうか。当然薬に最も詳しく、専門性が高いのは薬剤師ですので、オンラインストアなどで薬剤師が直接相談を受けられるような窓口を作ることも一つの手段ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です